イベント投資

【衝撃】ライザップの松本氏が事実上の退任。ライザップ内で何が起きているのか?!


ライザップの松本氏が事実上の退任を発表されましたね。

松本氏はおもちゃがたくさんある企業で面白そうだと思いライザップにCOOとして参画。

ここからは私の勝手な想像です。

ライザップグループに参画

松本氏はこのおもちゃの企業をどのように成長させていくか楽しみだったのではないかと思います。

実際

「規模にはこだわりません。可能性のある会社を成長させたい。それが私の趣味なんです」

 「あとは1年ごとです。取締役の任期と同じ。何か面白いことがあれば6年くらいやってみたい気はありますけど。元気だったら、もっとやりたくなるかもしれません」

という言葉をおっしゃっています。

引用 https://www.sankeibiz.jp/business/news/180511/bsg1805110500003-n1.htm

ライザップに参画する前は、松本氏にとって数ある誘いのある企業の中で最も成長性があり、経営者として面白そうだと思ったのがライザップグループだったのは間違いなかったと推測します。

また、事あるごとに松本氏は瀬戸社長という男に惚れたからとおっしゃっています。平たく言うと会社を大きくするんだと説得の時のエネルギーが半端ではなかったのではないでしょうか。

しかし、1年足らずで退任。

松本氏:

俺のやれることはやる。

でも、俺がやりたいことはこれじゃない。

それは分かっているよね!

じゃあここで退任出来るかな?

ライザップ首脳陣:

いや退任だと印象が良くない。

円満な退任する必要があるので最高顧問という形を取って下さい。

カルビーもチェアマンになっているしライザップも同じような内容で着地しましょう。

ライザップに参画する前に決算を見る限り利益をかさ増しした分を除いても参画する前は明らかに買収した上場企業は赤字から黒字に再建させているし、本業のライザップも順調。先手を打ってライザップゴルフやライザップENGLISHなど目の付け所も悪くない。

成長性も面白い。まだまだ国内のみの企業であり今後の戦略次第で国際的な企業になり得るポテンシャルがある。非常に魅力溢れる企業に思えたと考えます。

松本氏はコストカット、女性登用、フレックスタイム。人材育成に長けた人物です。

社員がイキイキして成長していく企業。ゆくゆくは国際的な企業に。このような企業にしていく事を目指そうとしていたのではないでしょうか。

でも、実際にはそれ以前に無駄な企業を精査して構造改革のためコストカット。プラスの仕事ではなくどちらか言うと下向きの作業です。

結論から言えば、松本氏的には面白くない、成長が望めない企業という事になります。

人生長くない。

長くは勤めませんよ、と。

冒頭の引用を借りれば、面白くないから6年もやりませんよ。

ライザップグループのビジョン

つらつら書きましたが、全てこれは松本氏の発言ではなく、私の想像であり、瀬戸社長自身のビジョン、ライザップグループのビジョンがあります。

松本氏も惚れる男。

瀬戸社長。

そのビジョンが現実になるように意地を見せて欲しいです。

【投資分析】ライザップ(rizap)に投資は危険??2019年ライザップ決算と業績が期待できない理由 どうも!ライザップグループ(以下ライザップ)が好きな管理人です。 ライザップの決算と業績がどうなるか? 気になりませんか?...
関連記事