節約

【節約】リセールバリューがある資産は多数有り!不動産・車・時計・ワイン・ウイスキー!

リセールバリューを考えるこの頃の管理人の志都呂です。

リセールバリューは再販価値の事です。つまり、購入した時よりも高いかもしくは同等の金額で売却出来るかがリセールバリューがあるか決まってきます。

例えば200万円の車を購入して3年後200万円で売却出来たら実質車を無料(タダ)で使用出来た事になります。

新車が無料?!

めちゃめちゃお得ですよね。

リセールバリューの不動産

リセールバリューの王道の不動産。購入価格以上に売却すれば売却益が期待出来ます。この不動産で億万長者になっている人も多くいます。ワンルームマンションから始めて商業ビルを所有している人もいます。最近は土地が上がっているのでリセールバリューは正直難しいかなと思いますが、同等くらいの売却ができる物件で住めれば嬉しいですね。

リセールバリューの車

家の次に大きな買い物は車。その車のリセールバリューは種類によってかなりマチマチです。通常で言えば、新車を購入して3年後のリセールバリューは50%。でも、80%以上のリセールバリューのある車もあります。それも特殊な車ではなく一般的な車です。リセールバリューを考えて購入するだけで大きな節約が出来ます。

車って高いイメージがありますがリセールバリューを考えるとそんなに大した金額じゃない。節約家にとっては最高ですね!

ではなぜそんなリセールバリューの高い車種が出現するのか?

それは輸入規制にあります。

車の輸入規制

海外には特殊な輸入規制があります。アジアで多いのが左ハンドル禁止。日本と同じ左車線なので輸入出来るのは右ハンドル限定にしている国が多くあります。右ハンドルに限定されればその時点で日本車の需要が増加します。そして国によっては人気の車が存在しているにもかかわらず、新車は輸入出来ない規制があります。中古車しか輸入出来なければ、その人気の中古車が高くなります。コレが中古車のリセールバリューが高くなるカラクリです。国と人気車と輸入規制を調べれば、リセールバリューの高い車を購入する事が出来ます!

リセールバリューの時計

時計も実はリセールバリューが存在します。デイトナなど希少価値が高く、手に入りにくい時計は購入した時よりも高価になって売却することも出来ます。購入をする時に3年後、5年後の価値を予測すれば、高価な時計も実質タダで購入出来る可能性があります。

リセールバリューのワイン

ワインは熟成させるほど価値が増しますから、ワイン好きには試しに購入するのもアリですね。10年後に倍以上の価値で売却出来るかもしれません。

リセールバリューのウイスキー

以外に知られていないウイスキー。期間限定商品は寝かせておくと価値が数倍に上がるかもしれません。ウイスキーは現在流行っており、美味しいウイスキーは品薄状態。今後もこの傾向が続けば5年後、10年後は価値が上がっている可能性大。ワインよりも日本人はウイスキーの方が投資目的としては実践しやすいかもしれない。

日本国内のウイスキー、例えば『山崎』も値が上がっている。ポピュラーで分かりやすいから、少し勉強すればどれが良いのか検討がつくはずだ!

リセールバリューで節約

何を買うにしても売却までの価値を考えておくと節約が圧倒的に出来る。特にリセールバリューを意識するのは家と車。自分が好きな家、車を所有するのはこの上ない幸せである。しかし、リセールバリューを意識して実質タダで家と車が購入出来ることもまた幸せであり、節約家としては後者になりたい!

リセールバリューまとめ

管理人は今までリセールバリューについてはあまり考えてこなかったので損しているなと感じています。

少しずつですがリセールバリューでお得に節約していきます!

関連記事