節約

【実体験】自律神経失調症・鬱病から正社員になって社会復帰した道のり

先日の記事で、セカンドオピニオンの大切さを説明しました。今回は正社員になって社会復帰した道のりです。1つ1つステップを踏んで長い年月をかけて復帰しましたがそのステップを紹介していきます。

ステップ1 週3日の単純作業アルバイト (3ヶ月間)体を鍛えて日常的に問題ない体力を手に入れる

体調が整いつつあった私は寝たきり状態だった体を動かすというステップを踏むため某宅配業社で単純な荷分け作業を行う求人に応募。そちらで働く事にしました。作業は一人一人配置につき黙々と荷物を分けていきますので対人関係がドライで私には丁度良かったです。

ステップ2 長野県でのリゾートアルバイト 意識的に嫌われる、心のリハビリを試みる(2ヶ月間)

ステップ1の仕事をそつなくこなせるようになった私は次なるステップとして週5日のパートアルバイトを希望していました。そして今までした事がなく、今後出来ないであろうアルバイトをしたいと考え、雪国のリゾートアルバイトに面接に行き、丁度空きがあった長野のスキー場で働く事になりました。

私は病にかかった後、意識的に気を使うことは極力しないようにしていました。そこである種の実験で、嫌われてもいいので敬語をなるべく使用しないようにその職場で試みました。結果として嫌われる事に慣れるという意味では成功しました。しかし、職場で疎まれる存在になり退社せざる終えない状況に。大変に嫌われました。期間満了まで働く事は出来ずに退社。このアルバイトでは意識的に職場の方には迷惑をかけてしまったので申し訳なかったなと今では思いますが、その時の私は嫌われる事に慣れるというステップとして大切でした。

ステップ3 地元で再度パートアルバイト (半年間)インターネット固定回線を法人に設置する業務に携わる 正社員一歩手前のアルバイト

ITの資格を取得していた私はその資格を活かせる仕事に就きました。既に営業の方が契約をしているので、私は設置業務のみ。スケジュール通りに機器を設置しに行く事が私の仕事です。こちらの仕事も一通りこなす事が出来るようになり、教育係も任されるようになりました。1人での作業時間と適度な対人関係がありリハビリとしては丁度良いアルバイトでした。

ステップ4(最終)ついに正社員!5年以上勤務し、1つの目標が達成!

当時は正社員になるまでを1つの目標にしていました。最初のアルバイトから1つ1つステップを踏んで約1年を経て達成する事が出来ました!

この正社員もIT関連の職種で1年続けばいいかなと私自身は思っていましたが、最終的には5年以上勤務しました。長く続ける事が出来た自分を誇らしく思います。寝たきりの状態からステップを少しずつ進んでここまで来れたわけですから。長かった。

その職場では最終的には1番の古株になり役職にも就きました。私自身はやり切ったと思ったので引き継ぎを済ませ退職する運びになりました。ここまでが、正社員になるまでの道のりです。

関連記事