節約

大人の理想的な生活

理想的な生活とは?

時々ふとした時に考えます。

私は20歳頃から精神病にかかりその時から無理をするのもやめました。無理する事も出来ない体になりました。

日常生活する上では支障はありませんが、少し走るだけで呼吸が乱れまともに走る事は出来ません。

クスリは飲む必要はありませんが、精神病になった後と前とではパフォーマンスが異なってきます。

とはいえ、日常生活を支障なく送れる状態は喜ばしいことです。その時の状態に比べれば安易な言葉ですが、奇跡的です。

パーフェクトです。

そう自分に言い聞かせているだけなかもしれませんが苦笑

冒頭の理想的な生活とは、私にとっては自分がやりたい時にやりたい事をする、大事な人がいる環境だと思います。

大人の人は子供のことを羨ましがる姿をよく見ます。それはつまり、大人にとって大人よりもこどもの方が理想的な生活を送れていることを意味します。

ではこどもの生活とはどんな生活か?

寝たい時に寝て、遊びたい時に遊ぶ。

自由ですね。

大事な家族は愛しています。

遊ぶことがこどもにとっての仕事なので遊んでも怒られることはない。

大人だと遊んでいる=怠けているで遊ぶことも気が引けます。

大人よりこどもの方が良い事が分かります。

こどものように生活している大人は少ないですよね。

イタリアとかいくとレストランのウエイトレスなんかも仕事中なのに凄く楽しそうなんですよね。

では、大人もどうやったらこどものように無邪気に遊んで寝て過ごす事が出来るのか。

私は精神的自由と経済的自由だと考えています。

自分の精神と社会の通念を区切って考える。お金は気にせず好きな事をする。コレだと思います。

生活とは、生きるを活かす。活かすも殺すも自分次第だと思います。理想的な生活をするために努力していきます。

関連記事