雑記

【ダゾーン】F1第6戦モナコグランプリ!レッドブル、トロロッソ揃ってQ3進出の躍進!

こんにちは!ダゾーンで楽しくF1観戦している管理人のシトロです。

F1モナコの優勝者はハミルトン!

ハミルトン強し。ピットワークピットでのタイヤ交換のとき、ハードタイヤが最良なのにミディアムタイヤを履いてしまったハミルトン。タイヤ性能が周を追うごとに悪くなり後ろにいるレッドブルのフェルスタッペンにプッシュされ続ける厳しい状況。

そんな中タイヤ管理をフィニッシュするまでやり抜き、苦しい状況ながらも1位のハミルトン。チャンピオンらしい走りでした。

F1モナコ結果

  1. ルイス・ハミルトン
  2. セバスチャン・ベッテル
  3. バルテリ・ボッタス
  4. マックス・フェルスタッペン
  5. ピエール・ガスリー
  6. カルロス・サインツ
  7. ダニール・クビアト
  8. アレクサンダー・アルボン
  9. ロマン・グロージャン
  10. ダニエル・リカルド
  11. ランド・ノリス
  12. ケビン・マグヌッセン
  13. セルジオ・ペレス
  14. ニコ・ヒュルケンベルグ
  15. ジョージ・ラッセル
  16. ランス・ストロール
  17. キミ・ライコネン
  18. ロバート・クビサ
  19. アントニオ・ジョビナッツィ
  20. シャルル・ルクレール

F1モナコ予選も決勝も絶好調のホンダパワーユニット

ホンダパワーユニット搭載のレッドブルとトロロッソの計4台が決勝でトップ8以内。残りの4台はメルセデス2台、フェラーリ1台、ルノー1台と圧倒的に実績を残したホンダパワーユニット。全てのマシンがトラブルなくレースを終えた事に信頼性の高さを感じる事が出来ます。

他のチームがホンダパワーユニットしたいと提案してくるチームも出てくるかもしれません。

レッドブルのガスリー、コメントが印象的

ガスリーが速いマシンで楽しかったと語っていましたね。思い通りのドライブが出来ている証拠です。素直に今のマシンは攻められるマシンのようですね。

打倒メルセデスのレッドブル

モナコという低速な特殊なコースという事もありますが、メルセデスと肉薄したレッドブル。明らかに差が無くなっていると考えられます。次戦のカナダグランプリにも熱が入りますね。

更なる開発をすると断言しているホンダに期待がかかる

こんだけ素晴らしい結果を見てしまうと更に開発を進めると聞いてワクワクが止まらないですね。優勝争いも近いかも。

F2松下選手が堂々の2位!

モナコのレース1でついに表彰台!予選9位からオーバーテイクが難しいモナコで巻き返してなんと2位!今期初の表彰台。

良いアピールしましたね。レース2は一時6位まで順位を上げて頂けにポイント圏外でのフィニッシュは少しショック。

今年のF1ルーキードライバー

今年のF1のルーキードライバーはF2ランキング1位~3位。シートが20席しかない中でF2から3人もF1に昇格させています。

まさにF2はF1ドライバーになるための登竜門。ここでランキング上位ならF1からお声がかかる。

特に松下選手はホンダの育成ドライバー。ホンダがパワーユニットを提供しているトロロッソは通常はレッドブル育成ドライバーを育成するためのチーム。なのに現在のドライバーラインナップはレッドブルの育成ドライバーでないアルボンと出戻りのクビアト。今まで豊富に居た優秀なレッドブル育成ドライバーが今は少ない。これは明らかに松下選手にとってチャンスでしかない。

パワーユニットを提供しているホンダからの推薦とレッドブル勢の育成ドライバー難。この組み合わせでF2でランキングが上位であれば一気にF1ドライバーの道が拓けると思うのは私だけだろうか?

モナコの表彰台を機に松下選手にはポイントを積み上げて欲しい!

ダゾーンでF1観戦

F1観戦はダゾーンが良いですよ。生中継で無線環境があればどこでもF1観戦が可能です!

【DAZN(ダゾーン)】F1観戦を通して人生が劇的に変化!やりたい事をしたければ、ぼんやりとした人生を送るな!判断の重要性をF1で感じろ! 【ダゾーンF1】極限状態だからこそ、その刹那を感じ取る。判断の重要性 あの時一周早くピットストップを行えば・・ オ...
関連記事