雑記

「めんどくさい」という才能

あまり良い言葉とされていない「めんどくさい」という言葉。

「めんどくさい」と言えば、「そんな事言わないでよね」という若干批判めいた感情を出す人が多いと思います。

しかし「めんどくさい」という言葉はマイナス要素と思われがちですが実はそうではない。

自然と「めんどくさい」と発した言葉ならそれは大きなチャンスです!

何が自分にとって「めんどくさい」のか?

「めんどくさい」は魔法の言葉です。自分を理解する魔法の言葉。

ここではそんな「めんどくさい」を深掘りすれば、あなたの本当の欲求が見えてくる、大事な指標という事を解説していきます。

「めんどくさい」は自分の心を理解する指標

「めんどくさい」という感情を無くしたら終わりです。

終わりだなんて強めの言い方ですが、ここは強く言っておきたい。

めんどくさいという感情を無くす事こそ悪い事です。それこそ自分で個性を潰しているのと一緒。

もし自分がめんどくさい事をやったのであれば、自分を褒める事ができます。

もしめんどくさいをめんどくさいと無理矢理思わなくした場合、自分を褒める事はできません。

好きな事が分からなくなると行動できなくなってしまうのと同じように、自分が嫌な事に鈍感になると自分自身の個性が理解出来ず、行動できなくなってしまう。

何が好きか?と同じくらい何が嫌いか?というのは重要なのです。

めんどくさいという感情は誰にでもあるはず。相手のめんどくさい事をこっちがやれば褒められます。

相手のめんどくさい事を知っていれば共感する事もできます。

めんどくさいを理解するというのは素晴らしい才能なのです。

「めんどくさい」は世界を豊かにする

怠け者ほど便利さに敏感です。

いち早く便利なシステムの消費者となって便利なモノを埋もれさせずに需要を促進してくれます。

一種の経済貢献をしてくれている素晴らしい存在です。

逆に古いものに固執して、その労働のせいで身体を痛めたり、時間に追われてしまっては、自分自身のみならず周りに迷惑をかける存在になりえます。

めんどくさいはビジネスの塊

ビジネスの基本はユーザーが困っている事をサポートする事。サポート方法は商品だったり、サービスだったり。。様々。

ここでの困っている事はめんどくさい事と類似しています。雑務の処理、単純作業の繰り返し。。。

自分がめんどくさいと思っている事は多くの人もめんどくさいと思っている事が多いです。つまりユーザー目線を持っています。

一日の野菜を1つにまとめた健康食品、食事の提供が驚異的に早い外食チェーン、三日坊主を三日坊主にさせないビジネス、昔と比べて圧倒的に便利な世界です。

人は歩く、走るが移動手段でした。。。

それが今はリニア、飛行機、ロケット。。移動スピードはどこまで変化したでしょうか?

水汲みが蛇口に。急速に普及したパソコン。急速に普及したスマホ。キリがないほどに便利な世の中になりました。

「めんどくさい」のまとめ

めんどくさいという感情は好きな気持ちと同じくらい重要です。

自分の好き嫌いを理解して行動する。その事が自分本来の生き方だと思います。

めんどくさい事は避けられないかもしれません。しかし、めんどくさい事を可能な限り少なくする事はできます。

めんどくさい事は理解した上で避けます。マイナス思考は気力を奪う。

考えなくてよいことを考えてしまう。だったらめんどくさい事を思いつかない環境にする事が人生を豊かにする方法の1つです。

めんどくさいを無くそうとするのは愚か。マイナスと言える感情もプラスの感情等しく大事な感情。

妙にマイナスの感情をプラスの感情に転換させた方が良いという自己啓発が多いが、私は真っ向から否定します。

自分の感情に正直にならなければ、ストレスフル。無理に感情に手を加える必要はありません。

自分の正直なこの感覚を大切にして、素直に生きる事こそストレスフルな世の中では大切だと思います。

関連記事